声優 井上和彦「KAZUFAN」のブログです。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
時間って・・・
2006-01-16 Mon 20:52
明日で阪神淡路大震災から11年。
街はどんどん綺麗になって、地震の爪あとはなくなっていきます。
でも、人の心には今もつらい思いが残っているんだろうな。

KAZUFANでも小さいころに地震に会われた人がいました。
当時、毎晩怖い夢を見て、部屋の電気をつけっぱなしにしていないと眠れなかったそうです。

今、イベントの時に彼女の笑顔を見るとほっとします。
少しずつだけど、心の傷も癒えているんだな~って。

みんな幸せでいて欲しいね。
スポンサーサイト
別窓 | 井上和彦 | コメント:10 |
<<練馬大根 | 井上和彦 「KAZUFAN」 | スキー・スノボツアー>>
この記事のコメント
[人の心の中には・・]
和彦さん、KAZUFANのみなさま、スタッフのみなさん・・こんばんは!お元気ですか?
和彦さんのこの書き込みにはコメントができません。
人のつらさは、その人の身にならなければわからないからです。
病気の苦しみ、生活苦、早くに両親を亡くした・・人はいろいろなことを乗り越えた
時に、今の幸せが実感できるのではないでしょうか?
皆さんの笑顔がいつまでも絶えませんように!
2006-01-16 Mon 21:35 | URL | JUNKOママ #-[内容変更]
[震災から…]
和彦さん、かずふぁんの皆様、こんばんは。
和彦さんの書き込みを見て、いろいろ当時のことを少し思い出しました。
あれからもう11年早いものです。震災があってから数年は‘じしん’という言葉が怖くて使えませんでした。自信と言うと地震を思い出してしまうのです。車での揺れさえ怖くて怯えてました。
でも今ではそんなこともなく元気いっぱい過ごしてます。
生きていることって幸せなんだな~と改めて思わされます。
2006-01-16 Mon 22:13 | URL | 蒼木雪菜 #bhhZubZs[内容変更]
[]
和彦さん、KAZUFANのみなさん、スタッフの皆さま、こんばんは。
阪神大震災、あれから11年、本当に時が過ぎるのは早いですね。でも、あの時あの場所からなかなか動けないでいる人もいらっしゃるのでしょうね。私は当時広島におりまして、それでもかなりの揺れで目が覚めました。震源地付近で被災された方々の恐怖や悲しみは計り知れないものだと思います。被災者ではない人間はとかく忘れがちになってしまいますが、節目節目には犠牲者や被災者の方々を想い、いま一度自分の日常に思いを巡らせることも大切だと思います。
いまある日常に本当に感謝です。

避けては通れない地震。
せめて被害を最小限に食い止めるよう、日ごろの防災意識と準備をしっかりしておきたいですね。
2006-01-16 Mon 22:31 | URL | 緋絽 #4SK4Wrng[内容変更]
[・・・・・・]
この記事を読んで・・・何が心が辛いです・・・
地震なんて、会う経験がありませんだけど・・・地震に会われた人の苦しみを、沢山新聞や本から読みました。
新聞から日本の地震を知る時、ずっと緊張しました。大切な人たちは大丈夫ですか、怪我はないですか・・・ずっと考えでだ。

好きな人たちの安全がほしいです、皆の幸せがほしいです・・・それだけです、心からそう祈っています。

あぁ・・・混乱の話言ってすみません、少し不正常になります= =和彦さん、かずふぁんの皆様、お休みなさい・・・
2006-01-17 Tue 00:37 | URL | 橘淡香 #-[内容変更]
[100%は無理だけど。]
和彦さん、KAZUFANの皆様こんばんわ!

私は11年前の関西地区の皆様が体験したあの恐怖や苦しみを完全に共感することができません。
なぜかと言うと私自身が実体験したわけではないからです。
でも人は助け合えるはずですし、支えあえるはずですよね。
言うのは簡単ですがそういう世の中であると信じています。
皆さんが感じているように世界中のみんなが笑顔でいられたらどんなに素晴らしいでしょうか?

日頃から切に願っております!
2006-01-17 Tue 01:29 | URL | 聖 #-[内容変更]
[今も]
こんにちは。
被災地から離れた場所に居た者でさえも、あの日の地震の恐怖は今も忘れられません。未だに僅かな地震にも体が硬直するのです。
多くの思いがあり、表現するのが難しいですが、こうして、その日のことを思い出すことに大きな意味があるのだと思っています・・・。
2006-01-17 Tue 08:20 | URL | 華恋 #-[内容変更]
井上さんカズファンの皆様こんにちは★☆突然ですが、私が行った身体障害者施設にいらした方で、(当時25歳)阪神淡路大震災にあわれ身体障害者になられた方がいました。この方は、寝ていたときに地震にあわれ、足元の箪笥が倒れて下敷きになり下半身付随になってしまわれたそうです。(T△T)現在、36歳になられたのですが、健康なときの自分が、今でも忘れられないようで、歩行訓練を進んで毎日欠かさず行っています。介護に関わってきて、人の思いの強さを知った一面でした。また、このような方々の手伝いをさせてもらえる事を介護士を目指すものとして嬉しく思います。
2006-01-17 Tue 12:19 | URL | 桐生葵 #-[内容変更]
[震災…]
和彦さん&皆様こんにちは。
私の住んでいる県では雷以外の災害は殆ど無いので、震度4以上の地震というものを知らないのですが、震度4の地震でも「これ以上揺れが強くなったら…」と思うと恐怖感があります。
それと私は少しだけ地震を予知出来るので(ォィ)、震度3くらいの地震は毎回予知して不安になります(汗)何時来るかという事しか解らないので…(笑)
だから阪神淡路大震災のような震災にあわれた方々は、とても恐い思いをしたでしょうし、怪我をしてしまったり大切な家族を失ってしまった方も大勢いらしたでしょう。
私は災害にあって苦労した事はありませんが、被災した方々の事を考えると胸が痛いです…
皆幸せになれれば良いのにな…
2006-01-17 Tue 15:58 | URL | ウィル #YXlSeOqc[内容変更]
こんばんは。小さな地震で被害がほとんどなければ良いのですが・・・。
地震の爪あとは時間が解決をしていてくれているんですね。
私も募金程度での応援しか出来ませんでしたが現地の困った方々に少しでもお役に立っていただけたらなと思いお小遣いを使ったのを思い出しました。
日本以外でも世界でも自然の災害があって色々と考えてしまいますがわたしたちの出来るところから努力していくことが一番ですもんね。
2006-01-17 Tue 22:10 | URL | 尾張 #-[内容変更]
[「生きる力」という事]
このことは、100人いれば、100通り、1000人いれば、1000通りの思い、考えがあって、一言では言い表せない深いものがあると思います。地震、豪雪などの自然災害、人がかかわる人的被害、突然襲いかかる災い、一瞬にして、回りのすべてが変わってしまう現実。何もかもが180度変わってしまい、なにから手をつけていいのか?何をしなければいいのか?自分自身の存在に戸惑ってしまいます。時にはやさしく手を差し伸べてくださった事に対してでさえ、素直に喜べない事実、複雑な思いが入り組んでいく中、ようやく、何かを見つけ出す事が出来るようになって行く。それは、何かの目的であったり、自分自身への使命のようなものであったり、一筋の光のようなものが見え始め、非日常から日常を取り戻すために動きだす事が出来るようになって、初めて回りの人の顔を、顔を上げて見る事が出来るようになるのです。そして、まったく、単純なことなんですが、「人は一人じゃ生きて行けない。決して一人で生きていない」という事に気づくんですよね。自分も人を頼るし、そんな自分も人から必要とされているかも知れないって事。
友達がつらそうにしているとき、一生懸命力になってあげようとしている時その時点で、その友達から自分の存在を求められていて、その友達の笑顔を見た時、その友達から自分へ大きな力をもらっていることに気がつくように・・・
そんな意味からも和彦さんはたくさんの人に勇気や力を与えていて、その「彼女」の笑顔も逆に和彦さんを支えているパワーになっているのでしょうね。また、このブログを通じてつながっているたくさんのkazufanのみんなもそれぞれ、お互いに勇気やパワーをもらったり、与えたりしているんだろうね。私自身もたくさんいただいてます。感謝感謝!とっても大切な友達です。ありがとうございます。
どんな困難にぶつかっても、人として大切に「生きる力」を持ち続けたいものです。
2006-01-18 Wed 11:59 | URL | Sei-chian #-[内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 井上和彦 「KAZUFAN」 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。